低スペック女 涙の 婚活 事情 | 相手に求める条件 をカスタマイズ!トライ&エラーで検証せよ。

アラフォー婚活サバイバーのみなさん、こんにちは!
へろみ(@NSgwin)です。

『婚活してるけど、いい人なんてぜんぜんいない』
『何人かあったけど、私に合う人なんていなさそう』

こんな風に思って、半ばあきらめモードになっていませんか?

そう!婚活はあきらめることも大切です!!!
でもあきらめるのは結婚ではありません、貴女がこだわっている条件を少しずつカスタマイズするのです。

この記事では、婚活サイトや結婚紹介所で、『お相手に求める条件』を設定しながら活動している人に向け、条件設定をカスタマイズするだけで、出会いのチャンスが大きく広がるというお話をしたいと思いますので3分ほどお時間いただけますと幸いです。

よろしければ私の2年間の婚活でであった男10選もどうぞ!

低スペック女子の筆者が婚活2年で旦那と出会って結婚するまでの10人の男

2018.08.12

婚活にありがちな『お相手の条件設定』

相互のニーズ合ってますか?

貴女がお相手に求める条件は何ですか?

・高学歴
・高収入
・上場企業or公務員
・高身長
・長男以外
・同居なし
・同世代
・ハゲてない ・・・ etc.

三者三様、でもだいたいこの中に、一つや二つあてはまるものがあると思います。
みな、一生(一応)を共に過ごすわけですから、収入は多いに越したことないし、ベッドだって共にするわけですから見た目もこだわりたいのは当然です。

ですが、考えてみてください、男性だって選ぶ権利があります。
男性にもお相手の女性に対する条件設定はあるでしょう。

・若い
・綺麗
・料理ができる
・若い
・優しい   ・・・ etc.

へろみ
『若い』が1個多いぞ!

男性の場合、そろそろ子供が欲しいから婚活を始めるという人が多いので、若い女性を好む傾向があります。
綺麗なアラフォーより、普通の20代のほうが何倍も価値があるのです。

そしてそれは、貴女方が望む高スペック男子であればあるほど、その傾向は強いです。

へろみ
男子は何歳になっても新鮮な精子が作れるから、結婚にタイムリミットがない!

一方女性は、歳を取るにつれ将来に不安を覚え、経済的安定を求めて婚活するのが本音(でしょ?)なので、そもそも男女のニーズがあっていないのです。

へろみ
貴女のことを求めてない男性を求めてどうする!?

低スペック女 涙の婚活事情 | アラフォーは美しいだけじゃ需要がない!?低学歴・非正規・年齢の三重苦はこう乗り越えよう。

2018.08.01

優しい人ならなんて建前

よく、『優しい人だったら誰でもいい』なんて女性いますが、絶対思ってませんから!
優しい男なんてそこらへんにいっぱいいます。

そして、婚活してたら出会う男はまずは優しく近づいてきます。
貴女だって、初対面の人には優しくするでしょう?それと一緒!

本当に優しいかなんてのは、結婚してお互いの長所短所分かってからじゃないと分かりません。

婚活するにあたって、『優しい人なら』なんてぬるくてぼんやりしたこと言ってると、男性側だって『俺じゃなくてもいいのかな』と思ってしまいますよ。

条件はきっちりはっきり設定することが大切、そして臨機応変にカスタマイズできる柔軟性を持たせましょう。
柔軟性というのは、貴女の心構えも柔軟にするということでもあります。

条件のカスタマイズとは?

ゆずれない条件以外捨ててみる

例えば、『絶対に年収だけは死守したい』そう思っているのであれば、『長男でも可』『高卒でも可』『ハゲでも可』としてみてはいかがでしょう?
こだわる条件が減ったとたん、マッチしする男性が大量発生します。

その結果、その中に貴女がこだわってなかった条件、予想してなかった条件、例えば『熟女好きの若者』『実家が金持ち』『めちゃくちゃ料理上手』な人がいたらどうですか?(ハゲの若者は微妙だが、でも若いってそれだけで素晴らしいと思っている)

へろみ
私だったらめちゃ嬉しい!

もしあなたに安定した収入があるのであれば、お相手の希望年収を100万円下げるだけでも、さらにマッチングが定量発生しますよ(‘◇’)ゞ

一長一短にしてみる

これは、例えば『年収はこだわりたいが、見た目は妥協しよう』『年収は妥協するが、見た目はゆずれない』という風に、パターンを変えてみるという方法です。

妥協したくない気持ちはわかりますが、妥協していいほどもう一つの条件がずば抜けてよかったらどうですか?

へろみ
見た目は妥協したが、年収が想像のあるか上をいってたら、やっぱり心うごいちゃう。

私の場合、夫は東京大学出身のいわゆる高学歴男子です。
ですが、生活はほぼ『ゴリラの飼育』、しつけがまったくできていません。
親の顔が見てみたい(見てるけど)レベルです。

へろみ
しかもパニック障害持ちの射精障害(/ω\)

だけど私は夫を尊敬しています(理由はまたの機会に)
尊敬できる人をパートナーにできるなんて幸せなことだなと感じています。
私たち夫婦も婚活で出会ったのですが、結婚相手の条件に『尊敬できる人』なんて考えもしなかったです。

妥協したつもりはないのですが、自分が今までなんともこだわらなかった部分に心引き付けられることだってあります。
そうやって自分が生きてきた世界と違う世界の人と出会って、互いに新しい価値を共有できるのも婚活での出会いの魅力でもありますね。

まとめ

貴女がかなりとがった条件を設定していない限り、たいてい婚活している女性が求めがちな条件をすべて満たす男性は、ほぼ間違いなく若い女性に走ります。

へろみ
現実は『綺麗なアラフォーより、普通の20代!』

身の丈に合った条件提示が重要となってきますが、すべてをあきらめる必要はありません。

貴女がお相手に求める条件設定をちょっとカスタマイズしてみましょう。
それだけで、マッチングする男性はグンと増えます(‘◇’)ゞ

そして、貴女がこだわらなかった部分で何か秀でているものを持っている男性はたくさんいます!

アラフォー婚活サバイバーに幸あれ!(*^^*)

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

福岡出身、東京アメ横周辺にすむ酒好きブロガー。PCスクール講師、外資系アパレル、日本の製薬メーカーを経て2018年3月より専業主婦。婚活サイトで独身卒業!競艇と野球が好きな二つ年下の旦那は東京大学卒業の会社員。パニック障害あり、射精はしないが歌はうまい。座右の銘は「酒を残すな名を残せ」2018年6月12日「ちりもぷらす」を開設しました。