物心ついた時から私の中津唐揚げはこれ!「聖林」と書いて「ハリウッド」

こんにちは!

つもる
大分に唐揚げの町があるって本当!?

今日は、私が子供のころから食べていた中津唐揚げをご紹介します。
上京してからも、帰省の度に行ってしまう恋しい唐揚げです。

中津市内には数多くのからあげ専門店が散在しており、からあげの「聖地」とされている。中津市内のからあげ店23店舗ではこの中津のからあげをブランド化しようと、2010年8月27日に「聖地中津からあげの会」を設立し、ご当地グルメとしてPRを行っている。
引用:Wikipedia 中津唐揚げ

中津唐揚げといえば、「唐揚げの聖地」大分県中津市ですが、私の愛する唐揚げは福岡県にある中津唐揚げ(ややこし!)「聖林(ハリウッド)」でございます。

お店の情報紹介をしながら、中津唐揚げの思い出、歴史などをお話したいと思います。

私の唐揚げ「聖林(ハリウッド)」

田んぼの真ん中に唐揚げ御殿

田んぼの真ん中とはまさにこのこと!
立派な「唐揚げ御殿」(勝手に命名)が建っております。
いえいえ、田舎なので、実はどの家もだいたい大きめだったりします(笑)


一瞬見逃しそうな小道を進むとあります。

入り口、ほぼ普通の民家ですね。

へろみ
ごめんくださぁ~い!

広くて清潔な調理場です。
カウンターの右側に大きなフライヤーがあり唐揚げがいい音をあげて揚がっていました。

へろみ
早く出来立て食べた~い!

中津唐揚げとは

中津唐揚げの歴史

大分県中津市になぜ唐揚げ屋さんが多いかといいますと、話は戦後までさかのぼります。

へろみ
わりとさかのぼります。

中津市にからあげ専門店が多く存在する理由としては、戦後の食糧難対策として政府が養鶏を推進したため、中津市内に多くの養鶏場があり鶏肉が容易に入手できたこと、旧満州から引き揚げてきた人が中国の鶏料理を再現したこと、惣菜店が揚げたてのからあげを提供したことが評判になり、からあげを出す惣菜店が増えたこと、等が挙げられている。
引用:Wikipedia 中津唐揚げ

ていうか、中津ってどこやね~ん!(笑)

中津市(なかつし)は、大分県の北西端に位置する市である。
大分県内では大分市、別府市に次いで人口が3番目に多い都市である。城下町で、青の洞門、羅漢寺、福澤諭吉旧居、中津城などの文化財や歴史的建造物、市域南部には景勝地の耶馬渓がある観光都市である。
引用:Wikipedia 中津市

家で唐揚げは作りません

小さいころから、お祝い事や集まり事のときはよく唐揚げを食べていましたし、テイクアウトはもちろん出前もしてもらってました。
お寿司屋さんと同じ感覚ですね。

今でこそ、唐揚げの聖地として有名になり「市内に60店舗以上!」なんて言われていますが、当時の住民にとってそれは特別なことではありませんでした。

クリーニング屋さんくらいの感覚、近所にあって便利だわ~くらいの感覚でした。

東京にいると蕎麦屋が多いことに気が付かないのと同じです。
(福岡は圧倒的にうどん屋ですから)

ケンタッキーが1年で撤退

子供のころ、北九州の小倉で働いていた父がケンタッキー・フライド・チキンを買ってきてくれました。
ファストフードなんてないところなのでとても嬉しかったのですが・・・

食べれない。

美味しくないという表現は違うと思いますが、完食できない!
醤油辛いというか、味が濃いというか、当時(中学生位)の私には苦手な味付けでした。
たしか、家族全員同じような感想だった記憶があります。

せっかく買ってきてくれたのに・・・お父さんごめんなさい・・・でした。

中津からあげは、店舗によっても味に違いがあるが、醤油にショウガ、ニンニクなどの薬味を加えたたれに漬けた鶏肉を使用するものが多い。
引用:Wikipedia 中津唐揚げ

中津唐揚げがスタンダードだったということですが、当時の私たちはそれすら気づかず。
ただ単純に「ケンタッキーは口に合わない」と思っていました。

その数年後、中津にもケンタッキー進出してきたわけですが1年で撤退。
今思えば、なんの事前調査もせずに出店したケンタッキーってどうなのよ?という疑問が残ります。
ただ、当時だれも自分たちの町が唐揚げの町という認識がなかったので、ファストフード店の進出は少なからず歓迎されていたのだと思います。

全国各地のご当地唐揚げ

唐揚げブームの火付け役!中津唐揚げ

今日の唐揚げブームの火付け役は我ら中津の唐揚げです。(お前福岡だろが!)
中津の唐揚げ店(もり山)が東京に進出したがきっかけと言われています。

「中津からあげ」という名称は、森山からあげ店が2003年(平成15年)頃に中津市大貞店を出店した際に用いたのが最初とされる。
引用:Wikipedia 中津唐揚げ

中津市には60店舗以上の唐揚げ専門店が存在します。実は、唐揚げ専門店発祥地をめぐって中津市と宇佐市とで争っていた時期があったのですが、中津市を“唐揚げの聖地”、宇佐市を“唐揚専門店発祥の地”に認定したことで、両市の唐揚げ抗争は一件落着しました(笑)」
引用:旅グルメ(日本唐揚協会会長が教える、絶品、珍品ご当地唐揚げの世界)

ライバル?ざんぎ

ざんぎとは

中津唐揚げと並ぶ有名ご当地唐揚げ「ざんぎ」
近所のスーパーのお惣菜コーナーでは中津唐揚げと北海道ざんぎが日替わりで売られています(笑)

「ざんぎといえば北海道」というイメージがありますが、実際は「ざんぎ」という名称自体がある特定(北海道や中四国)の地域による唐揚げの呼び名です。

となると、唐揚げ全般を指しており味付けの特徴など特に定義はありません。
なので、必ずしも鶏のから揚げを指しているわけではなさそうです。

ざんぎ名前の由来

戦後、北海道は中国からの引揚者が多かったことから、中国語で「鶏のから揚げ」を指す「炸鶏(ザージー)」がなまってザンギとなったのが由来とのことです。

ちなみに北海道では「ざんぎ」、愛媛では「せんざんき」などと呼ばれています。

ほかにもたくさん!ご当地唐揚げ

山賊焼(長野県)

その昔、この地域の山を根城にしていた山賊が旅人を襲ってものを盗っていたことから「盗りあげる=鳥揚げる」をもじって山賊焼となった説と、塩尻市に「山賊」という飲食店があり、そこにあったメニューが広く知れ渡ったという二つの説があります。

長野県中信地方(塩尻市・松本市等)の郷土料理として広まったもので、鶏もも肉を、すり下ろしたニンニクやタマネギを効かせた醤油タレに漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げる。端的には「鶏もも肉の唐揚げの大きいもの」で、山賊揚げとも呼ばれる。ただし、もも肉だけでなく比較的安価な胸肉など他の部位が使われる場合もある。「山賊“焼き”」と称するが、実際に焼いた(あぶりやきにした)わけではなく、調理法としては揚げる料理である。
引用:Wikipedia 山賊焼

山賊焼(山口県)

実は山賊焼きもう一つ、山口県でも広く食べられています。
有名なのが、山口県岩国市にある「いろり山賊」で提供されているもので、長野県の「揚げる」山賊焼きとは違い、あぶり焼きです。

骨付きの鶏もも肉を一本丸ごとオーブンやグリル、炭火等でニンニク風味の照り焼き風のたれに絡めてあぶり焼きにしたローストチキン風の料理。西日本の多くの地域では山賊焼と言いえば通常こちらの料理を指す。単に「(骨付きに限らず)鶏肉の照り焼き風」を山賊焼きと称することもある。
引用:Wikipedia 山賊焼

こちらが「いろり山賊」、NHKのドキュメント72時間でも取り上げられた有名店です。

私も行ってきました!いろり山賊

NHKで反響!山口の不夜城! いろり山賊 で山賊焼と山賊むすびを食べてきた。

2018.07.20

半羽揚げ(新潟県)

カレー味の唐揚げ「半羽揚げ」、カレー味ってずるいっ!
カレー味ってだけでみんな大好きですもん。

新潟は全国でもカレー粉の消費量が多いことで有名なので、ご当地唐揚げがカレー味なのもうなずけますね。

手羽先(愛知県名古屋市)

これはもうご当地唐揚げというより「名古屋名物」ですよね?
有名店「世界の山ちゃん」はわが町アメ横にもございます。

名古屋の手羽先は揚げたあとにタレを絡めるのが特徴!
中津唐揚げで育った私には独特のタレに違和感がなくもなく・・・でもビールは進みます!

聖林(ハリウッド)の唐揚げ


我が家では、「骨付き」「骨なし」「手羽先」を注文するのが定番です。
この日は、私たち夫婦と両親の4人で食べる予定で1キロ購入!
これ、普通の量です(笑)

ちなみに、残った唐揚げは翌日みそ汁にジャポンと放り込んで食べたりします(まじ話)

聖林(ハリウッド)の唐揚げはニンニクが効いていて、香りがゴイスーです(笑)
新幹線や飛行機に持ち込むときは厳重に厳重にパックしないと車内に充満してしまいます。

そして一度食べたらはまる美味しさ!ニンニクの風味がさらに食欲を煽りまくり。
当然ですが、ビールにはめちゃ合う!

中津唐揚げといれば他にも有名なお店がたくさんありますが、私はこれが一番好き!

そして私が地元にいたころは、これくらいしかメニューなかったのに、今では「赤い彗星」やら「マハラジャ」やら・・・
二代目の商品開発力お見事!

いまは福岡以外にも支店があり、海外にも進出しているようです。
なんだか遠い存在に~(涙)

店舗一覧はこちら!

といいつつ、うちの近所にも進出してくれると嬉しいな~(*^^*)

見てるだけでお腹がすいちゃう!聖林(ハリウッド)のメニューはこちら

入れて炊くだけ!かしわめしの素

私のおすすめ!かしわめしの素です。
コメを炊くときに、炊飯器に入れるだけ~(*^^*)

米二合、水を二合のメモリまでいれ、炊き込みご飯の素をぶっこんで、普通に炊くだけです。

炊きあがりはこんな感じなので、よく混ぜてください。

簡単!なのに、手間暇かけて作った味なのです。
だしが効いてて、ちょっと甘め、おにぎりにしてちょっと冷めたのを食べるのが好き~(*^^*)

実家に帰ると必ず買って帰ります。

これがあるので、私は中津唐揚げ同様、かしわめしも「家で作らない料理」の一つとしています(笑)

こちらは、聖林(ハリウッド)だけでなくこちらでも買えます。

中津城!

中津城(なかつじょう)/中津川城(なかつがわ(の)じょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった日本の城。黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成させた。江戸時代の大半は、奥平氏が居城としていた(中津藩も参照)。
引用:Wikipedia 中津城

まとめ

いかがでしたか?

私が愛してやまない中津唐揚げの名店「聖林(ハリウッド)」、お近くにお越しの際は是非とも味わっていただきたい唐揚げです。

侍の魂宿る中津唐揚げ 聖林(ハリウッド)のホームページはこちらです。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

福岡出身、東京アメ横周辺にすむ酒好きブロガー。PCスクール講師、外資系アパレル、日本の製薬メーカーを経て2018年3月より専業主婦。婚活サイトで独身卒業!競艇と野球が好きな二つ年下の旦那は東京大学卒業の会社員。パニック障害あり、射精はしないが歌はうまい。座右の銘は「酒を残すな名を残せ」2018年6月12日「ちりもぷらす」を開設しました。