釣りガール必見!安全と機能性を重視した長靴選び。初めての釣りで絶対にこだわるべきおすすめの長靴3選

初めての釣りとなると、道具はレンタルでまかなえるとして、悩むのが服装ですよね。
ゴルフや登山と違って、女性用の釣りウェアはあまり種類がなくその分高価になってくるし、売ってる場所も限られてきます。

本記事では、『釣りガール必見!安全と機能性を重視した長靴選び。初めての釣りで絶対にこだわるべきおすすめの長靴3選』について、船釣りはもちろん堤防釣りや川釣りにも使える長靴について紹介していきます。

へろみ
普段使いもできる長靴だよ
安全面や機能性だけでなく、見た目にもこだわった長靴をたくさん揃えたので、気になるものを見つけたらチェックしてみてくださいね。

こんな人に読んで欲しい

  • 釣りにあった長靴を探している
  • 普段使いもできると嬉しい
  • やっぱり見た目も重視したい
  • コンパクトに収納できるものがいい

釣りをするときの靴に求めるもの

特に釣り用の靴を用意する必要はありませんし、実際に釣具屋さんに行ってもあまりたくさん置いていません。
最低限以下のポイントを押さえていれば問題ないと思います。

滑りにく、歩きやすい

釣りガールは見た目ももちろん大切ですが、 とにもかくにも安全性を一番に考えましょう。
船釣りであれば常に揺れてる状態になっていますし、細い通路を右に左に動くこともあるでしょう。
足元は常に濡れているわけですから、底が滑りにく歩きやすい靴を選ぶことが大切です。

釣り場によってはスパイクなしが良い

磯場などのゴツゴツした岩肌ではスパイク付きの靴が役に立ちますが、平らな場所や船上では逆に歩きにくく滑りやすい靴となります。
船宿によってはスパイク禁止もところもあるので注意が必要です。

へろみ
最初の1足はスパイクなしが良さそうね

足首の自由度も重視

とりあえず水辺なので長靴をはいておけば濡れても安心だと思いがちですが、動きやすい長靴であることが重要です。
足首の自由度が低いおしゃれ長靴だと狭い船上や、岩場を歩くときにバランスを崩してしまいやすくなるためあまりおすすめできません。

重くないものを選ぼう

慣れない長靴が重くて足が疲れたなんてことがないよう、軽いものを選びましょう。
重い靴は長靴に限らず狭い釣り場で足を取られることもあり危険です。

私も持ってます!『日本野鳥の会バードウォッチング長靴』

海でも山でもフェスでも大活躍!『 日本野鳥の会 』の 折り畳める 長靴 が手放せない

2018.08.30
こちらの記事でも紹介していますが、私が持っているのはこちらのバードウォッチング長靴です。
私がこの長靴を選んだ理由は、 見た目の可愛さとコンパクトに折り畳めるところです。

特にこのバードウォッチング長靴には『コードロック』と呼ばれる紐がついていて、この紐をキュッと絞れば、ズボンを入れて裾が出るのを防ぐことができたり、水が入るのを防ぐことができます。

また、コードロックは5色セットとなっており好きな色に自由に付け替えることができるのも嬉しいポイントです。
専用の巾着がついていますので、釣り場まではスニーカーで向かい、履き替えることができます。

自分のサイズよりワンサイズ大きめのものを選ぶのが良いそうです。
どうしても試着したい場合は、全国のユニオンディスク(中古レコード店)で取り扱いがある場合がありますので試してみるとよいでしょう。
へろみ
フェスに履いていく長靴として人気があるからだよ
created by Rinker
Wild Bird Society of Japan(日本野鳥の会)
¥5,070 (2018/11/19 19:39:58時点 Amazon調べ-詳細)
私は普段23センチの靴を履いていますが、野鳥の会の長靴は口コミを参考にワンサイズ上の24センチ(Sサイズ)を購入しましたが、つま先に程よく余裕もありピッタリのサイズだったと思います。
甲高なのも心配でしたが、柔らかい素材なので甲が痛くなることもありませんでした。

グリップ力に自信あり『FIELDOOR レインブーツ』

こちらの長靴にもコードロックがついていますので、岩場や狭い船内でも脱げにくく動きやすいです。
男女兼用のデザインで、使わない時は折り畳んで持ち運べるし、収納にも困りません。
釣りだけでなく、普段使いやキャンプ、ガーデニングなどでも活躍するでしょう。
シュッとした細身のデザインなので雨の日のカジュアルスタイルにもマッチしますね。

つま先からかかとにかけてと、甲の部分はゴムの厚みをアップしています。
ダメージを受けやすい部分をしっかりと補強していますので丈夫で長持ちします。

グリップ力のあるアウトソール(靴裏)を採用しているので濡れた場所でも安心です。
こちらの商品も一回り大きいサイズを選ぶことを推奨されています。
(足首部分が細くなっているため)

両足で500g以下の軽量長靴『ポケブー』

こちらの長靴の特徴はなんといっても両足で500グラム以下の軽さですので慣れない長靴でも疲れません。
まや。伸縮性、防水効果に優れ、グリップ力バツグンのソールを使用しているため安全面もOKですね。
足全体に圧迫感のない優れた柔軟性を与えており、足の形状に合った快適な履き心地を実現しているので私のような甲高さんにぴったり。
こちらもコンパクトに収納が可能なので、折り畳み傘と一緒に雨の日の対策ができます。
しっかりと絞り込むことができるコードロック付きなので水の侵入も防いでくれます。

釣りガールの長靴選びまとめ

いかがでしたか?
船の上や水辺でのレジャーは安全性を第一に考えなければなりません。
安全性の高い長靴の中でも特に見た目や機能性にこだわった長靴を3つ紹介させていただきました。
普段使いできる長靴は釣りだけでなく、フェスやキャンプ、雨の日でも活躍すること間違いなしです!
足元の安全に気をつけて楽しい釣りにしましょう。

へろみ
Have a nice fishing !
created by Rinker
Wild Bird Society of Japan(日本野鳥の会)
¥5,070 (2018/11/19 19:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

福岡出身、東京アメ横周辺にすむ酒好きブロガー。PCスクール講師、外資系アパレル、日本の製薬メーカーを経て2018年3月より専業主婦。婚活サイトで独身卒業!競艇と野球が好きな二つ年下の旦那は東京大学卒業の会社員。パニック障害あり、射精はしないが歌はうまい。座右の銘は「酒を残すな名を残せ」2018年6月12日「ちりもぷらす」を開設しました。